(次世代燃料(可溶化A重油燃料)加水可溶化率40%)
表1-1
分析項目 可溶化A重油 純A重油
開始時間 14:31 15:50
終了時間 15:01 16:20
気温(度) 26.6 28
液温(度) 27.8
25
粘度 7.1
7
比重 0.855 0.861
負荷 200V.12A.61Hz 200V.12V.61Hz
O2
15.5 15.5
CO2
- -
ラムダ 84.3/3.85 83/3.78
使用燃料量 925mL 1128mL
次世代燃料技術によるディゼル発電機燃料燃焼試験。(平成23年6月7日)

(試験環境)
使用燃料:可溶化A重油燃料(A重油60%:水40%)で発電機(ディゼルエンジン)にて燃料燃焼測定試験を行いました。
発電機:コマツ20PS 15kW AC220V エンジン回転数(2500rpm)一定
負荷:3kW定量負荷(負荷率20%)

                                                                           
  次世代燃料技術(可溶化A重油燃料試験
 


























(次世代燃料燃焼試験)

燃費:可溶化A重油対純A重油使用量
可溶化A重油(加水40%):925mリッター
純A重油:1128mリッター
燃比効率:121.9%向上

実質A重油使用量)・・・A重油燃料から加水された水量を差っ引いた量
可溶化A重油量:573mリッタ
純A重油量:1128mリッター

(実質A重油使用燃比)
純A重油に対して可溶化A重油燃比は196%の向上。



新燃料生成装置とは

TOP